ご寄付のお願い

「充填」「密封」「殺菌」に関する教育・研究活動支援基金


     東洋食品工業短期大学は、食品業界を背負って立つ人材を育てたい、という創設者・高碕達之助先生の志のもと、1938(昭和13)年に誕生しました。

     その遺志は、今日まで変わらず受け継がれ、包装食品工学分野において常に時代をリードする独自の教育を行い、食の安全を確保し国民に安心を届けられる人材を育成してまいりました。

     東洋食品工業短期大学は、これまでの約80年と同様、これから先もずっと、「心正しく、誠実と勤労の精神を尊び、包装食品工学に関する理論と技術をあわせ修めた包装食品業界の担い手を育成する」という建学の精神のもと、食品業界を背負って立つ人材を育成し続けなければならないと考えております。また、我が国の食品工学分野の発展、食品製造業界の発展のため、包装食品工学の教育と研究をさらに深め、拡大していくことも私たちに課せられた使命だと考えております。

     このため、私たちは、包装食品製造工程において重要な技術分野である充填・密封・殺菌に関する「教育・研究活動の充実」および「教育・研究環境の整備」に資することを目的とした新たな基金を創設し、広く皆様のご篤志を募りたく存じます。

     この基金によって、充填・密封・殺菌に関する基礎研究の推進、新技術の開発およびその技術者の育成、社会人への専門技術教育の拡大、さらには、海外の技術者の育成を図ってまいります。

     この趣旨にご賛同いただけます方は、本学ホームページの問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いです。皆様のご支援とご協力を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

    80周年記念事業寄付金


     東洋食品工業短期大学は、2018年に創立80周年を迎えますが、この先も、食品業界を背負って立つ人材を育成し、社会に貢献していかなければならないと考えております。

     その為には、基盤となる教育・研究設備の整備充実が欠かせないことから、80周年記念事業として、「講義室、実験室、実習室、厚生関連施設の改善・充実」ならびに「高碕記念図書館の建て替え」を検討いたしております。

     つきましては、広く皆様のご篤志を募り、この事業を推進したく存じますので、ご賛同頂けます方は、本学ホームページの問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いです。皆様のご支援とご協力を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

  • 東洋食品工業短期大学 80周年記念事業寄付金 募集要項